スキルミガキ利用規約 (セミナー参加者のための規約)

第1条 (スキルミガキ利用規約の範囲および変更)
(1) スキルミガキ利用規約 (以下「本規約」という)は、株式会社ソアラサービス (以下「当社」という)の提供するセミナー情報サイト「スキルミガキ」 (以下「本サービス」という)において、セミナー参加申込者 (以下「参加者」という)が本サービスを利用する際の、当社と参加者間の一切の関係に適用します。
(2) 参加者とは、本規約を承諾のうえ、当社所定の手続に従いセミナー参加申し込みかつ当社がこれを承認した方をいいます。
(3) 当社は、参加者に事前の通知をすることなく、本規約の変更および本サービスの内容の追加・廃止および変更をすることができるものとします。本規約が変更された場合、変更後の規約が適用されるものとし、利用者は変更後の規約に同意したものとみなされます。

第2条 (本サービスの申込)
(1) 本サービスは、セミナー情報をお伝えするサイトです。詳細ページのあるもののみ、本サービスを利用した参加申し込みを受け付けることができます。
(2) 本講座の参加希望者は、本サイト上に掲載した当社所定の手続に従って参加の申込を行ない、氏名・住所・電話番号その他当社の別途定める事項について、正確かつ最新の情報を記載・提供するものとします。
(3) 参加者が、本講座を勤務先等の所属団体を通じて申し込む場合、所属団体と各参加者は連帯して本規約に基づく義務を負うものとします。
(3) お申し込み完了後のお客様の都合によるキャンセルにつきましては、お受けすることができませんので、あらかじめご了承願います。

第3条 (参加料のお支払い)
(1) 参加料は、当社が本サイト上、またはその他で掲示する各セミナー主催者の定めた支払い方法に準じて参加料を支払うものとします。なお、送金手数料が発生する場合は、お客様負担とさせていただきます。

第4条 (登録情報の使用)
当サイトで別途定める「プライバシーポリシー (個人情報保護方針)」に従い、登録情報および参加者が本サービスを利用する過程において当社が知り得た情報 (以下「参加者情報」という)を使用することができるものとします。

第5条 (録音・録画・撮影記録の使用)
参加者は、セミナーにおいて必要な録音・録画・撮影記録が行われた場合は、当該ビデオまたは写真に収録された参加者の映像、肖像、音声等が本サービスの記録および運営のために使用されることがあることを承認します。

第6条 (講座内容に対する権利)
(1) 参加者は、講義内容を自己の学習の目的にのみ使用するものとし、参加者個人の私的利用の範囲内で使用するものとします。
(2) 講義内容をいかなる方法においても第三者に対して、頒布、販売、譲渡、貸与、修正、
使用許諾等を行ってはならないものとします。

第7条(参加者資格の中断・取消)
参加者が以下の項目に該当する場合、当社は事前に通知することなく、直ちに本契約を解除し、当該参加者の参加者資格を停止、または将来に向かって取り消すことができるものとします。 その場合は、参加料金の返金は行いません。
(1) 参加申込において、虚偽の申告を行ったことが判明した場合。
(2) 講座内容を適切に理解できない可能性がある場合。その他当社が本講座の参加者としての適格性に欠けると判断した場合。
(3) 営利、またはその準備を目的とした行為、その他当社が別途禁止する行為を行った場合。
(4) 参加者に対する破産、民事再生その他倒産手続の申立てがあった場合。または参加者が後見開始、保佐開始もしくは補助開始の審判を受けた場合。
(5) 本規約に違反した場合。
(6) その他、参加者として不適切と当社が判断した場合。

第8条 (セミナーの中止)
下記に定めるいずれかの事項が発生した場合、セミナーを中止することがあります。事前に参加料をお支払いいただいている場合の返金方法は、セミナー主催者の定めた支払い方法に準じて、主催者から直接お客様に対して返金するものとします。
(1) 最小催行人数の設定を別途設けており、なおかつその人数に満たない場合。
(2) セミナーの講師の病気、怪我、近親者の葬儀その他講師に不慮の事故があった場合。
(3) 交通遅延または交通遮断による場合
(4) 天災地変または主催者の責めに帰することのできない不可抗力による場合
(5) その他主催者によって、セミナーを開催することが不可能または著しく困難と判断された場合。

第9条 (損害賠償)
(1本サービスに起因または関連して、当社または第三者に対し損害を与えた場合、参加者は一切の損害を賠償するものとします。
(2) 本サービスに起因または関連して、参加者と他の参加者、その他の第三者との間で紛争が発生した場合、参加者は自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに、
当社に生じた一切の損害を補償するものとします。

第10条 (管轄裁判所)
万一、利用者と当社との間に訴訟の必要が生じた場合には、広島地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とします。

第11条 (準拠法)
本規約の準拠法は、日本国法とします。

付則
本規約は2008年3月1日より施行します。
以上